高すぎるのはなぜ?芸能人が住む賃貸マンションの賃料が高額な理由!

芸能人はなぜ賃貸住宅に住むのか

「驚くような高額賃料」「超豪華な物件」「高級輸入車ばかりが立体ガレージに犇めいている」というイメージがある住宅といえば、そうです、芸能人やIT長者が住む家です。

 

 

最近売れてきた芸人さんたちでも、月50万~60万円の家賃に住む、100万円近くの賃料など都内の物件であれば、ザラにあります。どうせなら「一軒家でも買った方が賢明なのではないか?」と、年収800万円~1,000万円の中流の生活を送っている私たちには、疑問に思ってしまいますが、芸能人には芸能人としての事情というものがあります。

 

 

芸能人は、住んでいるところがマスコミやファンにバレたり、何らかのスキャンダルがあった場合には、すぐに引っ越さないと近隣住民に迷惑がかかってしまうなど、物件を購入し、そのエリアから身動きが取れなくなってしまうとデメリットになってしまうわけですね。

何かトラブルがあればささっと引き払ってしまうという軽いフットワークが、やはり芸能人らしいです。

居住するための住宅を購入してしまえば、登記簿上にその芸能人本人の名前が登場して、何かのキッカケでバレてしまうこともあります。

今回は、なぜ芸能人が住んでいる物件というのは、賃料が異常に高額なのか……その特徴についてレクチャーしていきたいと思います。

芸能人が望んでいる条件といえば?

1.駅近は不要

芸能人は電車を使いたがりませんので、駅近の物件というよりも、閑静な住宅街に好んで住みたがります。

渋谷区や港区、世田谷区、目黒区、新宿区、世田谷区などの高級住宅地は特に人気です。そこは、まさにザ・東京。

 

 

ビジネス街やオフィス、ショッピングモールの商業施設が立ち並んでいるイメージが強いですが、少し離れると、非常に上品な閑静な住宅街に様変わりします。実は、この“少し離れた場所”というのが芸能人が物件を選びやすいポイントになっているんです。

電車での移動があまりない芸能人にとっては、駅近物件という利点自体が不必要だということです。逆に、駅がとても遠いという方が、静かに暮らせ、人も少なく、都合がいいと言えます。

 

2.大使館や領事館周辺

港区には約70ヵ所以上の大使館・領事館が点在します。西麻布のみでも約40以上の大使館が……。

この周辺の高級賃貸マンションには、こぞって芸能人が住んでいるわけですが、その理由は何なのでしょうか?

 

 

それは……“大使館周辺のエリアには、厳しい警察の警備体制が敷いてある”という理由なんです。早朝や昼夜を問わずに、警察官が立っているので、不審者や悪質なファンにつきまとわれる心配がありません。おかしな行動を起こしている人やおかしな言動を言っている人がいると、警察官はすぐに職質をかけたり、署に連行したりします。

特に女性芸能人は、犯罪に巻き込まれず、安心することができる立地を常に求めているんですね。

 

3.地下駐車場があること

物件の地下駐車場には、住民以外入ることができません。ですので、地下駐車場の中までタクシーや送迎車を呼べば、外の人間と買いを交わしたり、顔を合わせることは皆無です。

 

 

週刊誌記者の直撃を受けることもないので、プライバシーがしっかりと保護されています。

 

4.24時間年中無休のコンシェルジュサービス

エントランスのフロントデスクに常駐しているコンシェルジュは、予想以上にいろいろなことをやってくれます。

来訪者受付や荷物の預かり、クリーニング受付、郵便や宅配便の発送・受け取り、タクシー配車サービスなど、コンシェルジュは、プライベートな部分をほとんどこなしてくれます。 高級物件になればなるほど、そのサービス内容は増えます。

 

 

コンシェルジュが居ることだけでも、安心感がありますね。長期不在のときに鍵を渡しておけば、部屋の換気や掃除、ペットの世話もしてくれる物件もあります。

 

まとめ

芸能人が多く住む高級物件の賃料が高い理由、わかっていただけましたか?

閑静な住宅街の中にあり、安全な大使館周辺エリアで、地下駐車場が付いていて、とことん生活に紐づいたサービスを提供してくれるコンシェルジュが常駐、さらに低層階マンションであれば、住民に顔を指さない、何重ものセキュリティ対策がある…これ以上何もいらないほどのレベルの賃貸物件です!

 

 

芸能人は、自宅を出ると、敵だらけ。さらに十分なサービスや安全性を求める超人気の大物芸能人もいるとのこと……。

私たちはここまでやる必要はありませんが、日本の高級マンションというのはどこまで進化していくのでしょうか?

(C)写真AC

+2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。