【NEOYAGの玩具】Vポート10個を備えたガバメント極小サイズの魅力!『V10 ウルトラコンパクト』

自身が製作している映画やWebドラマなどに登場する銃器のほとんどは、私が用意していることを皆さんあまり知りません。

例えば、遠藤憲一主演の劇場用映画『木屋町DARUMA』に登場したコルトガバメントM1911A1は、私物であるマルシン製のモデルガンを使用しました。

もちろん、精密機器組み立てをやっている知人にお願いして、プラスチック製モデルガンの銃身インサート※銃口に金属製の板を入れてモデルガンであることがわかるようにしたもの をドリルで除去して、プロップガン※劇映画用に改造し、本物に似せた劇中銃 にしました。さらに、グリップも実銃と同じく木製グリップに変更。もちろん、現場でも小道具を扱う責任者に管理は任せ、悪用されないように厳重な管理下に置いたわけです。

画像を見ていただければよく分かると思いますが、強盗などの犯罪に使用すれば、実銃と見間違えるほどの完成度です。

劇中で使用したコルトガバメントM1911A1

やはりそれくらいこだわって映画に登場させなければ、観客に失礼だという気持ちが強いわけです。拳銃好きといたしましては(笑)

本日ご紹介するのは、エアーソフトガンメーカーとして、ここ十数年で国内最大手のメーカーに成長した東京マルイの新製品『V10 ウルトラコンパクト』

渋いNEOYAGたちが楽しむオモチャとして、エアガンは最高なんですね。ガンマニアの所ジョージさんは、東京マルイのライバル会社であるウェスタンアームズのプロデューサーとして、面白いデザインの銃を作り続けています。

では、新製品の『V10 ウルトラコンパクト』にはどんな魅力があるのでしょうか?

名銃・コルトガバメントの中でも最小サイズ

 

対象年齢18歳以上のまさに大人が楽しむためのエアガン。

モデルガンでも人気のスタンダードなフォルムが魅力のコルトガバメントは、私が最も好きな拳銃です。いやぁ実にシンプルですよね、これぞ拳銃という風体です。

サブコンパクトサイズのガバメントは数あれど、『V10 ウルトラコンパクト』はカスタム化されたガバメントの中で非常に高い人気を誇っています。特徴的でスパルタンな印象さえあるこの銃は、表面の仕上げやポートの形状などは実銃とは少し違いますが、その特徴を余すところなくしっかりと再現しました。

さらに、ベースにM45A1のブローバックエンジンを採用し、極小でありながらキレのある鋭い反動が楽しめます。この銃はそんなモデルなんですね。

主な特徴はこれだ!

 

主な特徴としては、直径15ミリの大型口径のシリンダーを採用。BB弾発射とブローバックを促すガスを充填すると、強い反動を生むM45A1ブローバックエンジンが、迫力のブローバックと安定の実射性能を実現しました。

コーンバレルに開いた10個のポートを備える非常に個性的なVポート。さらに大きくえぐったスライドが本当に個性的です。コンパクトサイズでも、迫力のあるディティールになっています。

フレーム、スライドは、念入りに手作業したパーティングライン処理、側面とは違う質感の2種の表面仕上げに仕上げてあり、まるで実銃のよう。実銃のV10に施された異なる表面仕上げを完全再現しています。

究極のタクティカルサイトと評価されているノバック社の正式承認ダイカスト製リアサイトの高い実用性を実感できます。

また、別売のマイクロプロサイトが装着できる設計になったスライドも魅力的。スライドの後部に付いたリアサイトを取り外すと、付属のマウントベースを使用してマイクロプロサイトを取り付けられます。

冬場のサバゲにも有効

 

スライド内部に取り付けられた金属製パーツ・メタルノッチスペーサーは、あまりに強い反動を軽減し、ノッチ部とスライドストップの破損や削れなどを防ぎます。スライドストップの部分って、使っているうちに削れてすぐにダメになってしまうんですよね。

装弾数は22発+1発で、薄型でもガスの冷えに強いダイキャスト製のマガジンを採用。冬場のサバイバルゲームなどでも、心強いサブウェポンの相棒になってくれるでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

NEOYAGのための玩具としては、非常に完成度の高いエアガンです。価格は、18,800円+税別で、Amazonや楽天などのネットショッピングでも購入可能です。

使い勝手の良いサイズ感とその引き締まったフォルム。個人的には、私が好きなシンプルなガバメントと違うハンマーの形状がなかなか面白いのではないかと思っています。自分オリジナルでさらにカスタム化することも可能。

そのうち、ハリウッド映画や邦画などでも取り上げられて、45口径としてのその実力を鑑賞することができるでしょう。『アンフェア』の篠原涼子さんあたりがぶっ放すとすごく似合うのではないでしょうか?

このような小型のガバメントは、やっぱり美女が似合いますが、週末にサバゲなどでなまった体を動かしているあなたの強い味方になってくれるのではないでしょうか?

(C)東京マルイ

7+

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。