【秒殺】スマホ首を改善する必殺技【10秒】

長時間座って仕事をしていたり、

スマホを見ていて、

首がだるくなったり痛くなったりしたことはないでしょうか?

特に首の後ろ側が辛くて、首が後ろに倒せなかったり

重ダルかったり…

マッサージしてもらっても、なかなか良くならない。。。

さらに言えば、ちゃんと治療してもらえる時間もない。。。。

今日は、そんな首のつまりをその場で改善する必殺技をお教えします!

この方法は、カンフーの擒拿(キンナ)という関節技の準備運動を応用したものです。

やり方は簡単、

1.まず(左)手を内側にひねって小指が目の前に来るようにします。

2.次に反対側の(右)手を、外向きに捻って左右の親指が上をむいてクロスするようにして、左手を掴みます。

3.そのまま、手首の小指側が上をむいて伸びる様ににストレッチをかけます。

(➡これを何回か繰り返す。)

動画はコチラ↓

IMG_4244

中医学で手の小指側は

小腸経という経絡(気の通り道)が肩や首を通って頭部まで繋がっています。

しっかり伸ばすと、

首背と背中を緩める事が出来ます。是非試してみて下さい。

 

もちろん、ヘルニアや変形があると改善に時間がかかるものもあるので

これですべてのスマホ首が改善されるわけではありません。

軽い疲労などは、前腕の疲労や、身体のバランスの悪さが原因になっていて

手首のストレッチをかけておくと予防になったり改善しやすくなります。

忙しい人は、オフィスでもすぐできるので是非試してみてください♬

 

写真 Pixabay

+11

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。