美肌オヤジを目指せ!NEOYAGの基本スキンケアはこれだ!

巷には、美容に関する製品や美容情報が溢れかえっています。しかしながら、その多くが女性に向けた商品や情報ばかり。

しかし、NEOYAGに肌のコンディションについて訊ねてみると、肌の乾燥や皮脂が肌表面に浮く脂浮き、大人ニキビや毛穴の詰まり、肌の張りがなくなる老化などを気にする方がめちゃくちゃ多いんですよね。

今回は、スーツや高級時計、靴にこだわるNEOYAGが気にする身だしなみ以外の最低限おさえるべき、《大人の男のスキンケア鉄則3つ》をまとめてみました。

第一印象を変える“肌”!

10代でも肌に気を配る女性が多いのに比べ、男性というのはさほど肌を気にしません。

「何をどのように行えばいいのか?」「入浴時に洗顔するだけで大丈夫なんじゃないの?」と、スキンケアに気をつけることがないのです。それとは逆に「男のくせに、いちいち肌を気にするなんてカッコ悪いんじゃ?」などと思い込む男性は、非常にもったいないのです。

清潔感があり、見た目がスリムで立ち姿がキマッていると、他人からの好感度も上がり、「自分に気を遣うことができるなら、他人にも細やかな気遣いができているのはないか?」という好印象を与えます。ですから、ビジネスシーンやプライベートでも得をするということも非常に多いんですね。

あなたが思っている以上に、他人はあなたの肌質を見ているのかもしれません。

NEOYAGのスキンケアの基本は「不潔さを感じさせないこと」

NEOYAGが最低限おさえておくべき、いいスキンケア方法を解説していきましょう。コツは3つです!

お肌ケアのコツ① 洗顔は朝晩2回! これでベタつきを回避しよう!
お肌ケアのコツ② 洗顔あとにシェービング! そのあと絶対に保湿しよう!
お肌ケアのコツ③ 日焼け止めを有効利用して、肌を若々しくキープしよう!

ベタついた顔に清潔感はありません! ちゃんとした洗顔で、しっかりと汚れを落としきったあと、水分を含ませて油分でカバーすると、肌がパッと明るくなります。さらに、メイクをすることがない男性こそは、紫外線への対策が大切です。肌のエイジング(老化)の進行がまったく違ってきますよ!

これらのNEOYAGスキンケアは、意外にどれをとっても“特別なお手入れ”ではありません。日常的に行う習慣にしやすいスキンケア3つをレクチャーしていきましょう。

お肌ケアのコツ① 洗顔は朝晩2回! これでベタつきを回避しよう!

女性の肌のように話題にならないものの、男性は日々のシェービングで肌の表面を傷つけていたり、直射日光を浴びて紫外線の攻撃をを受け続けていたり、NEOYAGの肌環境というのは結構過酷なんですよね。

男性の肌というのは、女性の約3倍もの皮脂が自然に分泌されて、脂が出やすいわけです。さらに、角質も厚く、くすみが出やすいわけです。

また、メイクをしないので、舞い上がった車の排気ガスや砂埃などの汚れが肌に付着しやすいということがわかっています。

ですから、とても洗顔が重要になります! 肌表面の潤いは守りながら、必要ではない老化した角質や様々な汚れをちゃんと落とす正しい洗顔を知ってください。

1.ぬるま湯を使い、顔を素洗い

洗顔するときに、洗顔料をすぐにを肌につけているNEOYAGも多いかと思います。しかし、洗顔での肌の負担を軽減させるために、まずぬるま湯で数回素洗いをしましょう。

2.きめの細かい泡で顔を包み込むように洗う

洗顔で重要になってくるが“泡立て”です。きめの細かい泡が角質のすき間や毛穴に潜り込み、肌の汚れを取り除くことが大切です。泡立てる目安は、テニスボールで1個分ほど。泡が少ない場合だと、手で肌をごしごしとこすりつけてしまい、肌への負担が大きいです。

3.しっかりとすすぐ

市販されている洗顔料というのは、一部を除いてアルカリ性です。本来、肌というのは弱酸性ですが、肌の表面に洗顔料が少しでも残っていると、アルカリ性に傾きがちです。その場合、雑菌などが繁殖し、肌のトラブルにつながるんですね。特に、額の生え際やもみあげ部分に残りやすいのです。15回程度を目安にしっかりとすすぎましょう。

4.タオルで優しく拭う

ついタオルで強くこすってしまいがち。肌を摩擦で傷めてしまうので、少し大きめのタオルを使い、顔全体を包み込んで優しく拭いましょう。

肌表面のベタつきが気になったとしても、洗顔に関しては朝晩2回だけ。必要な肌の潤いまで洗い流すことになるので、洗いすぎというのは絶対にやめましょう。

お肌ケアのコツ② 洗顔あとにシェービング! そのあと絶対に保湿しよう!

実のところ、男性の肌というのは、女性よりも肌の中にある水分量が少なく、乾燥しがちなんです。そのうえ、シェービングなどで新しい角質と潤いを取り除いてしまって、肌荒れてしまう事態に……。健康な肌を維持したいのであれば、水分と油分を補給するようにしましょう。

1.洗顔のあと、30秒以内に化粧水を塗布する

洗顔のあとというのは、肌をバリアする皮脂膜が流れた状態なので、肌の内部にある水分が蒸発してしまうんです。ですから、そのまま放置した状態でいると、乾燥悪化が起こります。時間が経過するほど化粧水(ローション)の浸透力が低下してしまうので、洗顔のあと30秒以内に化粧水を塗布するようにしましょう。

2.化粧水をちゃんとなじませる

化粧水を塗るとき、手のひらを使って、パンパンと肌を叩く程度で終了してはいませんか? 500円玉ほどの化粧水を使い、手のひらで顔全体を包み込むように肌にしっかりとなじませて、角質層まで浸透させるようにしましょう。

3.乳液は乾燥しやすいところから

それが終わると、乳液の油分で顔全体から水分が抜けないようにカバーします。顔というのは部分によって、皮脂分泌量が変わります。乾燥しやすい口まわりや目の周辺、頬にはしっかり丁寧に塗り込み、ベタつきやすい額や鼻のTゾーンは最後。乳液をつけすぎるとベタつく原因になってしまうので、手が肌に吸いつく感じを目安にして塗布しましょう。

お肌ケアのコツ③ 日焼け止めを有効利用して、肌を若々しくキープしよう!

肌ケアを重視する男性も増え、“日傘男子”なども話題になりましたが、やはり一年中素肌のままで外出する男性が絶対的に多いと思います。しかし、紫外線を浴びた場合のケアをしないでいると、肌のエイジング(老化)は着実に進行してしまいます。

紫外線を浴びることで過剰にメラニンを生成してしまい、シミができやすかったり、弾力を保っているエラスチン繊維や肌ハリを保っているコラーゲンの繊維などが破壊され、たるみやシワの原因になってしまいます。

もっと言えば、肌の水分を保ってくれる保湿因子がボロボロになって肌が過剰に乾燥したり、紫外線で増加したフリーラジカル(活性酸素)が皮脂と結びつき酸化したりしまいます。これが、肌のエイジング(老化)を進行させるんですね。

肌へのダメージ原因の80%ほどが紫外線とフリーラジカル(活性酸素)と言われていて、深刻な肌ダメージの要因になるわけです。直接、紫外線の攻撃を受けにくい腕や腿の内側は、年齢を重ねたとしても色が白くてシミが少ないことを考慮すると、紫外線とフリーラジカル(活性酸素)の大きな影響を感じてしまいます。

男性でも面倒ですが、日焼け止めのクリームをしっかりと塗って、紫外線カットを目指しましょう!

簡単すぎる『007』でのスキンケアで10年後の肌が変わるかも

さらに、NEOYAGの肌に優しいほうれい線や肌の荒れを解消できる、男を上げる最新美容機器が発売されました。

それが、神戸製薬株式会社が研究・製造・発売した【PIDEブランド】第1弾の美顔器『007(ダブルオーセブン)』なんです!

海外のキャラクターをモチーフにした、効果的に美しい肌を目指すことができるmen’s向け美顔器『007』は、満足できる美顔器になります。

主な機能としては、

①ボタンを押して、電源をONにしたのち、顔などに近づけるだけで自動センサーが感知し、肌のトリートメントがスタートするオートセンサー機能

②美容液や化粧水などをたっぷり使った肌にも使える、防水仕様のヘッド部

③ボタン1つで操作可能な、肌の現在の状態に合わせて、ホットな感覚を楽しめるレッド、冷感を楽しめるブルー、全身ケアに使えるグリーンの3モード

④最後にケアしたモードを記憶して、再びボタンを押してスタートさせれば、あなたのお気に入りモードを繰り返し楽しめる記憶機能

このNEOYAGの肌に有効な美顔器を、スキンケアと共に使用しすれば、あなたの10年後の肌は見違えるほど素晴らしいものになるはずです!

(C)写真AC

+3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。