Amazon’s Choice【アマゾンチョイス】って何? 選ばれる基準って一体どうなってんの?

ネットショッピング界を牽引している通販の王様といえば、そうです、Amazonですよね。誰もが一度は利用したことがあると思います。

Amazonというネットショッピングサイトには、消費者が商品を選ぶとときにわかりやすくいいものを手にできる手厚いサポートがあるのです。Amazon独自に決めたその基準が『Amazon’s Choice(アマゾンチョイス)』になるわけです。

なんと、そのAmazon’s Choiceに神戸製薬で発売され、東急ハンズなどにも並んでいる『ホワイトドクトル』が選ばれました。

では、『Amazon’s Choice』というのは一体どのような意味を持つのか、Amazonの“ベストセラー”とどのように違うのか……。

『monoマガジン』や『男の隠れ家』にも掲載されるほど注目されている商品

『amazon’s Choice』は本当に信用できる有力な情報なのかなどを解説していきたいと思います。

Amazon’s Choice(アマゾンチョイス)ってなんなの?

では、まず初めに、Amazon’s Choiceというのは、どのような意味があるのかについて綴っていきたいと思います。

冒頭でお話しましたが、Amazon’s Choiceは、Amazonが利用者に対して、そのユーザーが求めるベストな商品をオススメしてくれる仕組みのひとつです。Amazonで自分が欲しい商品をじっくりと探していると、商品名周辺に『Amazon’s Choice』のロゴ表示があります。この表示があるものが、Amazonの真のおすすめ商品になるわけですね。

PCでAmazonのショッピングサイトを閲覧している場合は、このロゴマークにカーソルを合われば【すぐに発送ができ、評価が高く、お求めしやすい価格帯の商品をオススメしています】という解説が表示されます。

ですから、「すぐ発送」「高評価」「安い」という3点をしっかりと踏まえた商品が、Amazonがオススメしている『Amazon’s Choice』になるわけですね。

ベストセラーやスポンサープロダクトってなに?

AmazonのショッピングサイトにはAmazon’s Choiceの他に《ベストセラー》と《スポンサープロダクト》というものがあります。

《ベストセラー》というものは、各ジャンルのAmazo売れ筋ランキングで第1位に輝いた商品に、一定の期間チェックがつくマークです。簡単にいえば、「この商品はよく売れていますよ~」ということを示しているわけですね。

一方、《スポンサープロダクト》というのは、商品をAmazonに卸す大口企業が、広告掲載料を支払って掲載してもらうというもの。商品の優劣やユーザー人気とはまったく関係せず、各メーカー、代理店側の「今現在売り切りたい商品」になるというわけです。一種の広告ということですね。

Amazon’s Choiceに選定される基準とは?

このAmazon選定のロゴマークがつく商品となる条件というのは、Amazonからの明確な基準というのは発表されてはいないのですが、複数のショッピングサイトフリークがAmazon’s Choiceに選定された商品を検分する限りでは、意外と単純明快なのです。

①すぐ発送

このことが条件になるので、Amazon’s Choiceのほとんどの商品というのは、Amazonの配送センターに在庫がある“プライム対象”商品になっています。さらに、販売業者は“マーケットプレイス”の業者が販売している商品も対象になります。

いわゆる簡単に説明すると「この商品はAmazonが販売し、発送します」という商品のみでなく、「この商品は○○社が販売し、Amazonが発送します」という商品も、Amazon’s Choiceになるわけですね。

②評価が高い

評価が高いという基準は、★の数やカスタマーレビューの内容が一定以上の評価だったことを示しているようです。

カスタマーレビューに関する内容を精査するのがAmazon専属のスタッフなのか、AIが見ているのかは公表されてはいませんが、Amazon’s Choiceロゴがついている商品を見ると、ほとんどが〈★×5〉が50%以上になっていることが言え、多くの高評価、低評価が少ないという商品であるということは間違いないようですね。

③お求めしやすい価格帯

お求めやすい価格帯というのは、Amazonで扱いがある他社同等商品と比較して、安価なこと。

高い割り引き率もあるのですが、割り引き率は重要視されずに、送料込みで他社商品より安いということに重きを置いているようです。

Amazon’s Choice登場のキッカケは?

どうして、この『Amazon’s Choice』というオススメの仕組みが誕生したのでしょうか?

この背景には、Amazonに様々な商品が増えすぎ、利用者がよい商品を選定しにくくなっているというものがあります。また、今までのオススメであった《ベストセラー》という商品が信用できない、カスタマーレビュー自体がどうも信用できないというユーザー側の考えを考慮したようです。

《ベストセラー》の商品に選ばれるのには、それぞれのジャンルの売れ行きランキング第1位にならなければいけないのですが、このランキング自体が一時的な大幅値下げにより、販売された数が増えたりするという現象がまったく考慮されていないわけです。

さらに、返品率が高かったり、カスタマーレビュー評価もまったく配慮されていないわけですね。

つまるところ、安さで釣られて大量に売りきった商品が《ベストセラー》になってしまうことがあるということ。また、利用者が購入しようと思ったときには、《ベストセラー》に選ばれたときよりも大きく値上がりしているという可能性もあるわけです。

大人気通販番組『ハピスタTV』での取り上げられて、ピカ子さんやあびる優さん、矢沢心さん、安西ひろこさんも絶賛でした!

ぜひあなたもAmazon’s Choiceに選ばれた『ホワイトドクトル』などの神戸製薬が製造した商品を愛用されてみればいかがでしょうか?

↓ 『ホワイトドクトル』ご注文は当サイトで ↓

https://www.kobe-seiyaku.co.jp/

(C)写真AC

+3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。